住めば都

老犬のことと、30代OLが日々思うことを書いています

み国の来たらんことを

10年前もすでに大人なので、そんなに成長はしてないと思うのですが、10年前と今の自分を比べて、考え方が変わったなと思うことは結構あります。

職場の飲み会が苦手になって、女性蔑視やセクハラに敏感になって、仕事よりもプライベートが大事と堂々と言うようになった。他にもありそう。

変わったというと、すぐ「海外赴任したから?」と聞かれるのですが、

続きを読む

いつか今日を思い出して泣いてしまう

何度か見た夢。

明るい朝に、私が寝ていると犬が私の掛け布団に登ってきて、足もとのあたりをちょっと掘って、丸くなって寝たな…というのを重みで感じるの。

それ自体は実際によくあることなんだけど、夢の中で私は「でも、この子は死んだはず」って気づくのです。

でも気づいたのが犬にバレたらきっと消えてしまうと思って、「お願いだからもう少しここにいて」と祈りながら目を閉じて寝たふりを続ける私。泣いたらばれてしまう。本当は抱っこして撫でたいんだけど、ひたすら我慢して、布団ごしのささやかな重みと温かさを足に感じているだけ。夢かもしれない、夢でもいいからさめないで、もう少しだけ、って。

 

で、目覚めたら犬はぜんぜん足もとじゃないし、さすがにこの時期に掛け布団は使ってないし、完全にただの夢です。

 

それでも、私はいつか、どんなにどんなに長くても10年以内に、確実にこの子のいない生活に戻るんだということを朝から思わずにいられません。

その時きっと私はこの夢と同じように、生活のなかのふとした拍子に犬の気配を見つけてしまうだろうし、そこにいてほしい、いてくれたらと願ってしまうんだろうな。そして朝から泣きながら犬を抱きしめた今朝のことを、迷惑そうな犬の体温を、痛いほど懐かしく思い出すんだと思います。

カブトムシの宿

f:id:mamezo12:20180714192536j:plain

またマンションの外廊下に瀕死の虫が迷い込む季節が来ました。

りっぱなカブトムシで、手にしがみつく力もなかなかすごい。はがそうとすると爪が皮膚に引っ掛かってそれなりに痛い。

でも置いとくとすぐひっくり返って起き上がれないくらいには、もう弱っているのです。拾って木立に返しても、またすぐ明かりに吸い寄せられてしまうのです。

 

f:id:mamezo12:20180714210938j:plain

 

昆虫ゼリーを作ってみたらすごく食べてくれた。食べ終わったら木立に返そうと思っていたけど、ずーーーーーーっと食べていて結局一泊した。食べてる音がすごくかわいかった。私の気まぐれに付き合わされた虫はどう思っているんだろう。おいしい?恐怖?

 

f:id:mamezo12:20180715002353j:plain

カブトムシにかまっている私を待っていた犬。

怒りの棒餃子2

きょうはーーーーー!!

職場で嫌なことがあったのでーーーーーーー!!!

 

また餃子を大量に焼きまーーーーーーーーーーーーーーす!!!!!

 

フッフウウウウウゥゥゥーーーーーーー!!

イヤッハーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

 

怒りの棒餃子

先日、知人とゴハンを食べていたら、

「大丈夫ですよ、mameさん結婚できますよ~」

mameさんみたいな素敵な人が独身なんて、何かよほど理由があるのかなって思われちゃいますよ~」

「犬は頑張って世話しても介護してくれませんよ~」

と執拗に言われました。

 

「結婚しなくてもいいと思ってるんですけど、したくなったらしますね」

「将来の介護のために結婚するんですか?私はそういうの嫌だなあ」

って言ってたのですが、何回目かに、

「結婚できませんよ、私料理できないので」って言っちゃったんですよ。

言いながら、あれ、これはなんだ、って。最悪の謙遜。

自分が婚活してた時に触れた一番嫌な価値観だったのに、自分の口からそういう言葉が出ちゃったのがショックでした。

 

そして帰宅。

「料理、できるもん!!!」

怒りの棒餃子。怒りで焦げがち。

f:id:mamezo12:20180708231019j:plain

24個できるのですが、おいしかったのでペロリでした!!

短く切った春雨が入っているのがポイントです。

 

その後も

f:id:mamezo12:20180708231023j:plainこれとかf:id:mamezo12:20180708121510j:plainこれとか毎食怒りと後悔の自炊が続きました。どれもめちゃくちゃおいしいので順調に太っております。

 

ちなみに私、ツイッターの人が勧めるものはすぐ試すマンで、↑のトマトパスタはフォロイーさんが勧めていたこちらのレシピです。本当に簡単でおいしくて、毎日食べたくなる味 → 麻薬的に旨いトマトスパゲッティ : gangan*note

 

会って話すのが誠意?

私、電話がめちゃくちゃ苦手です。かけるのも好きじゃないけど、かかってくるのはもっと苦手。仕事とか待ち合わせとか、用件が決まってて終わったら切れるのはいいんだけど、「元気かなと思って」みたいなのが一番苦手。 

とりあえず、先日格安スマホに乗り換えた結果自宅が圏外になったため、突如電話が鳴るということが全くなくなり平和です。レストランの予約も家からできなくなったけど…。 

そんな私がたまに遭遇してほとほと困るのが「大事な話だからメールじゃなくて電話か対面で話したい」という誠実なお方。

私、大事な話は文字で残したいのでメールでお願いしたく。疑義のある点はちゃんと質問して理解を深めたいので、その場の雰囲気で流されないようにやはりメールでお願いしたいのですが。ややこしい話ほど、そうなのですが。

ダメだよね。わかってるんです、メール<電話<<対面、なんですよね、一般的に。

世の中には「ちゃんと謝りに来い」とかいう人もいるしね…。

 

今までで一番困ったのが、風邪ひいて寝込んでた時にメールしてたら「メールじゃ伝わらない。電話してもいいか」と言ってきて、挙句「ちゃんと会って話したい。(関東から)広島まで行っていいか」と言ってきた人。

しかも広島までって本当に広島駅までを意味しており、私は当時広島駅から電車で40分くらいのところに住んでいたのですが「広島駅ぐらいまで出てこれないか」って言うんですよ。電話の時点でだいぶ無理してるのに。めっちゃゲホゲホしてた。結局本当に体調が悪いし来てほしくないと何度も説明して、納得してもらいました。

これも、相手としては会って話せば誠意が伝わる!という気持ちがあったのだと思います。私としては全然重視していない点だったし、むしろ体調気遣って電話切ってくれたほうが優しさ感じられたのですが。

あと、一番冷静に言葉を選べるメールの段階で合意に達していないものを、会ってその場のアドリブで何とかできるという発想に違和感がありました。実際、後日ちゃんと会って話した結果、メールの段階とはくらべものにならないくらいバッキバキに決裂しました!

表情やボディランゲージで気持ちが伝わってうまくいくっていうのはわかるのですが、あんまり伝わらないほうがいい場合もあるってことで…。