住めばつくば

犬と ふたり暮らし

自分のことって意外と見えないもの。

うちの弟、つむじが2つあるんですよ。

子供のころはよく弟の頭見ながら「2つあると間の毛の流れってこうなるんだウフフ」とか思ってたのですが、なんと私も2つあったようです。

つい最近知った。34年間気づかなかった。

薬をよけて鹿肉だけ食べておいしかったわー!

f:id:mamezo12:20170916091422j:plain

f:id:mamezo12:20170916091449j:plain

という顔がこちらです。

犬を飼い始めてから、子持ちの気持ちがわかるような気がする。

長文を書いたんだけど、どうも書きながら固まらない感じなのでまた今度。

とりあえずはっきり「子供がいるとこんな感じなのか」とわかったのは、「年賀状に犬の写真を貼りたい」と思った時!

低血圧ゆえに死にかねない。

低血圧っていってもそんなにひどくはない(上が90台)ので、ちょっと朝が弱いだけで日常生活には支障ないんですけど。

Jアラートが。早朝に。突然大音量で私を起こすじゃないですか。

数分でミサイル来るから、とりあえず起きてヘルメット被り、犬を抱えて窓のない部屋(っていうかうちの場合はトイレ)に慌てて移動するじゃないですか。でも血が動きについてきてないわけです。

それなりに緊張していたせいもあると思うんですが、ものすごい立ちくらみで崩れ落ち、ミサイル通過のアラートが来るまでの間に吐いてしまいました。トイレに避難しててよかったよね。あら、きたなくてごめんあそばせ。

もうろうとしながらも「ミサイルおちてこなくてよかった…」ってほっとしてみたり、「いやいや叩き起こされて吐いてちっともよくねーだろお人よしかよ」とムカついて(フィジカルに)みたりした朝でした。

もちろんJアラートにムカついてるわけじゃないです。ミサイル飛ばす奴にです。落ちてこないなら鳴らすなっていう人もいるけど、私はやや過敏気味にでも鳴らしてほしい。必要な時に鳴らないよりずっとまし…。

ミサイルは来なかったからよかったけど、これが火災や天災で、ガンガン逃げなければいけない事態に陥った場合、私は逃げ遅れるということがよくわかりました。直撃で即死なら寝てても同じだけど、逃げれば助かるような場面では血圧が生死を分けかねない。私には火事場の馬鹿力は無いらしい。少なくとも、必要なものを集めて安全に避難できる状態ではないということが骨身に染みたので、非常用持ち出し袋と非難グッズのセットを楽天でぽちってみました。サタケのマジックライスもね。

自分ひとりならまあ野垂れ死んでも仕方ないか、って思ってたんだけど、犬のことを思うとやっぱりできる備えはしておきたいなと。非常持ち出し袋を背負ったまま立ち眩みで倒れるという可能性もあるんだけど、血圧よりは持ち出し袋のほうが簡単になんとかできるから。

残業ができなくなった。

残業ができません。

ポリシーでもなんでもなく、単純に、21時回ると脳が営業終了してただのしかばねになるの。びっくりした。やる気や心構えの問題じゃない。考え事が全くできなくなるのよ。眠いのとは全く違って、起きてるんだけど頭が回らない。帰り支度もおぼつかない。

身体もだるいし頭もぼんやりするし、なんとなく腹が立つやら悲しいやら、でもそれがどういう気持ちなのかを考えることすらできないまま、ただ大きな不快感を抱えて、とにかく最低の状態で帰宅します。やりがいどころじゃない。

昔は毎夜0時までゴリゴリ仕事して終電にダッシュするような生活送っていた時期もあるんだけど、今となっては自分でも信じられない。

普段は犬もいるしそんなに遅くなることはないんだけど、たまにだから身体が慣れなくて無理なのか、歳をとったからもう無理なのか、よくわからないけどとにかく全然ダメ。運転ができるうちに帰ります。セルフ働き方改革。一人プレミアムフライデー

神宮にカープの応援に行きました

f:id:mamezo12:20170903172025j:plain

広島以外で応援するのは初めてだったりする。

神宮野球場、お邪魔しました。よい夏の思い出になりました。

誠也、赤松、待ってるよってつば九郎が言ってくれたらしい(私は遅れて見逃したけど)。つば九郎ありがとう…。