住めば都 

老犬のことと、30代OLが日々思うことを書いています

謎のあだ名を付けられて嫌だった話

最近、職場のあまり接点のない50代男性から「マドンナ」をもじったと思われるあだ名をつけられました。メールの宛名に書いてあるのはスルーしていたのですが、先日とうとう口頭でも言われたので「あの、それはなんですか」と聞いたところやはり「マドンナからとりました。いやだったらやめます」とのことでした。

まあ嫌なので普通に「嫌なのでやめてくだい」とお伝えしてやめてもらいました。

マドンナだったら「え~でもなんか恥ずかしいなあ^^」くらいで流したかもしれませんが、私ぜんぜん違うんで。それがわかってないあたり、接点のなさをうかがわせるあだ名です。

 

職場で女子扱いされるのは居心地悪いと言ったところ「女”子”、じゃないですよ、聖母だから」とのこと。今書きながらゾゾゾ、ってなってる。20以上年下の女性職員を聖母と呼ぶ男…。

より気持ち悪いしもちろんやめてもらいました。女性の知人も軒並み「気持ち悪い」「無理」「ネーミングセンスが終わっている」と酷評。私がふざけて「どうもマドンナです」とあいさつすると悲鳴が(笑)

ただ、マドンナがキモすぎて忘れかけてたけどそもそもほとんど知らない人に一方的にあだ名つけるって失礼で、それをして良いと思われてる時点で見下されてんですよね。例えばマドンナじゃなくて全く意味のない「バルバロッサ星人」とかだったとしてもやっぱり半分くらいは嫌だったと思います。そこにマドンナで嫌さが倍増!ヤッホー!

「女性はチヤホヤされていいですね、って言う人は本当にこれ含めて羨ましいと思ってるのかな…」と言われて、あー思われてそう、とどんよりしました。

つられて内なるミソジニー妖精が「そう言ってもらえてるうちが華よ」とか「褒め言葉なんだからいいじゃない」とか口々に言いだしたのでもう「次の元号には連れていけないので平成とともに死んでくれ」と内なる殺虫剤を噴射しました。