住めば都 

老犬のことと、30代OLが日々思うことを書いています

ジムに通い始めた話2

ジムに通い始めた理由(たくさんある)の一つは太ったからというのも確かにあるのですが、痩せたい気持ちよりも、筋肉をつけたいという気持ちのほうが大きいです。非力でいたくない、強くなりたい!

 

夜道で後を付けられたり、変な人に絡まれたり、そういうのでいちいち怖がりたくないんです。どんなに気を付けても仕方ない、最後は結局フィジカルが強い奴が勝つんでしょう?見た目でナメられるのも腹立つけど、実際殴り合いになったらほとんどの男には負けるんですよ(たぶん女にも)。「腕力では女の私のほうが弱いですけど、殴らないでくれますよね?」と相手の慈悲を期待して、殴られないようにご機嫌を取らなきゃいけないなんて嫌。

 

と言いつつ、自分がおかしなこと言ってるのもわかってます。

まず、ちょっとやそっと筋トレしたからって、殴り合いで勝てるほど強くなったりしないですよね。さすがにわかってます。同じくらい強くないと対等になれないのだとしたらいつまでたっても無理。

そもそも大半の男は大半の女より腕力が強いけど、腕力に訴えて人を従わせようなんて思ってない。特段温厚な人じゃなくても。むしろ世の中の人たいていは、なるべく人にやさしくありたいと思っている。

それに、腕力の強い奴が勝つ、なんて文明社会の発想じゃないですよね。原始時代かマッドマックスみたいな荒れた世紀末の世界観。しかも自分より弱い人の立場を認めないことにもつながってしまう。せっかく、弱くても生きていけるように世の中は進歩してきたのに。

「今の自分より強くなりたい」という気持ちならもっとまっすぐでいられたと思うけれど、「他の人に負けないくらい強くなりたい」と感じた根っこのところには、いろいろ良くないものが潜んでいるなあと思いました。

 

ジムに行く理由はそれだけじゃないし、楽しいと思うこともあるので(ヒップホップとか)、これからはただ筋肉と向き合って自分の変化を楽しみにしていきたいです。筋肉は裏切らないらしいので。プロテイン飲んで寝ます!