住めば都 

老犬のことと、30代OLが日々思うことを書いています

長生きは迷惑か

中年男性に

「僕は長生きしたい。あと100年生きて、100年後の世界がどうなってるか見たい!」

と言われたのですが、私は嫌味とかでなく、心から、

「いいですね、今生きてて幸せなんでしょうし、長生きしたらお金が無くなるとか下の世代に迷惑かけるとか心配しないからそういうこと言えるんですよね」

という言葉が出てきて、自分でもそこまで思ってんの…?と若干引いてしまいました。

理系の僕は好奇心旺盛!という流れだったので(まあ私は理系がどうのという話もあまり好きじゃないのですが)、100年後の世界がどうなってるか気になるという話のほうに焦点をあてるべきタイミングだったのですが、私は長生きしたいという気持ちが無さ過ぎて、そっちに断然注目してしまいました。

 

以前、雨宮まみさんがこんななことを書かれていました。

”「独身女がどんなことを考えて生きてるかわかりますか? 早く死にたいって思ってるんですよ。老後、施設に入るとしても、今って簡単に人は死なないでしょう? どんなに貯金をしても、五年も十年も払えるほどのお金なんてないですよ。社会に迷惑をかけないために、できるだけ早く死にたいって思ってるんですよ」”

https://news.mynavi.jp/article/dokushin-67/

 

当然私だって本気ですぐ死にたいと思ってるわけじゃないですが、独身女でなくても、老後に対する不安や絶望感というのは、現代のある程度以下の世代(もしくはある程度以下の年収の層)にはそこまで珍しいものじゃないんではないかなと思ったりするのです。私に子供がいないからかどうかは自分でもわかりませんが、長生きしたら社会に迷惑をかけてしまう、という気持ちは確かにあります。

それが息を吐くように自然に出てきたことに、するっと出てくるくらい身体にしみこんでいることに、自分でちょっと驚きました。